関東地方の博物館・美術館

アミューズメントミュージアム

img11img12

名称 アミューズメントミュージアム
URL https://www.amusemuseum.com/exhibition/index.html
住所 〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目34番3号
電話 03-5806-1181
備考 別名:ボロミュージアム
布に興味ある方、布の仕事をしている方なら是非訪れてほしい場所である。布に対する考え方が変わる!田中忠三郎氏が長年かかって集めた 東北の民衆の布、服 素晴らしい展示である。

文化学園服飾博物館

img13

名称 文化学園服飾博物館
URL http://museum.bunka.ac.jp/
住所 〒151-8529 東京都渋谷区代々木3-22-7
新宿文化クイントビル 1階
電話 03-3299-2387
備考 文化学園の服飾コレクションを収蔵する博物館。場所も新宿駅から 15分ぐらい。
展示方法も ガラスケースの裏に鏡を置き、展示品の裏側まで見ることができることは秀逸。
照明が暗いのが難点だが、展示品の圧倒的な質量に満足する。
 休みの多いのが欠点。事前に調べることが必要

シルク博物館

img14

名称 シルク博物館
URL http://www.silkmuseum.or.jp/main/
住所 〒231-0023 横浜市中区山下町1番地 シルクセンター2階
電話 045-641-0841
備考 横浜 山下公園の前にあるシルクの博物館。
少し前まで横浜港から沢山のシルクが輸出されていたことを記念して作られた博物館。蚕も飼っており、絹ができる仕組みがよくわかる。
織り機もいくつか展示されている。中華街や元町、港に近いので観光がてら見学できる。

全国伝統的工芸センター 青山スクエア

名称 全国伝統的工芸センター 青山スクエア
URL http://kougeihin.jp/
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂8-1-22 赤坂王子ビル 1F
電話 03-5785-1301
備考 全国の伝統工芸品に指定された工芸品が一同に見る事ができる。染織品も勿論展示してあるので、全国の産地を勉強するにも良いだろう。
シナ布 芭蕉布、江戸小紋、友禅、などいろいろ展示している。二階の催事場ではいろいろな展示をしているので、調べていってみては如何か。

旧白州邸 武相荘

img15img16

名称 旧白州邸 武相荘
URL http://buaiso.com/
住所 〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷7丁目3番2号
電話 042-735-5732
備考 白州正子が生前愛用していた着物が展示してある。葛布の帯もあった。

高崎市染料植物園 染色工芸館

img17

名称 高崎市染料植物園 染色工芸館
URL http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014011400979/
住所 〒370-0865 高崎市寺尾町2302-11
電話 027-328-6808
備考 染色植物を専門に扱っている植物園 広大な敷地にいろいろな染色植物が植えられている。

織物参考館 紫(ゆかり)

名称 織物参考館 紫(ゆかり)
URL http://www.morihide.co.jp/yukariNEW/indexYK.html
住所 群馬県桐生市東4丁目2番24号
電話 0277-45-3111
備考 昔の織物工場を織機と織物の一大博物館にしている。
手織り機の展示量ではおそらく日本一であろう。豊田産業記念館に匹敵する日本有数の織機博物館。
私の織機フォトコレクションの大部分はここの展示である。
あまり知られていないが 織機に興味ある方は是非訪れて欲しいところである。
ページ上部へ戻る