推薦図書

染織に関する推薦図書

これは管理人が選んだ推薦図書です。
どうぞ皆様お読みください。

特別展「世界の織機と織物」関連書籍『世界の織機と織物』

250-180550
昨年大阪民博で開催された 世界の織機と織物 の図録がようやく出版されました。
興味ある方 お申込ください
4455円 送料別
https://www.senri-f.or.jp/FS-Shop/wwb/item/250-180550.html

琉球布紀行




私はこの本を何度も読みました。そして自分も美しい布を作りたいと思いました。座右の書。知り合いも沢山出ています。

木綿以前のこと




目から鱗の名著。木綿以前のこと、昔は何を着ていたかなど、短い中に鋭い観察眼がある。自然布に携わる人、必読。

日本の自然布




日本の自然布を網羅した必読書。葛布、上布、芭蕉布、しな布など、原始布を中心に日本の布が集められている。
染織関係の良い本は気づいたときに買わないといつの間にか廃版になってしまいます。皆さんも急いで買っておいて損はない。・・・・と書いたののもつかの間、再版されずに、古書が高値をよんでいます。わたしも一冊しかもっていないので、大事にしなければと思います。

銀花




琉球藍の特集号。紅型の城間さん、芭蕉布の平良さんが載っている。
昨年お世話になった人たちである。城間さんでは藍瓶で染めも体験させていただいた。平良さんでは瓶のなかの元気のよい藍を拝見できました。沖縄を思い出してくれる本。おすすめです。

時を織り込む人々




中国貴州ミャオ族染織探訪15年。
とても良い本です。一冊は持っておきたい。

大地の染織




全国14工房を訪ねて染織の現場を取材した著作。
その中に大井川葛布も掲載されている。

アジアの布を纏う


アジアと日本の布に見せられた筆者が描く布の世界。
アジアの布を日本の着物にあわせて、独特な雰囲気を出している。
大井川葛布も掲載されている。
著者の大橋さんは 元日本ミスグランプリ。
過去、藤原紀香や叶美佳が受賞している賞だ。
彼女の美しい姿もご覧ください。

布が語るラオス 伝統のスカート「シン」と染織文化




ラオスの本が続きます。やはりブームか。
出版記念展示会も前にご案内しました。ラオスビエンチャンにいるIさんからご紹介を受けたうえに、著者の木村さんからもご紹介がありました。織りの技術の解説も詳しい。おすすめです。

注目の書籍

コーヒーハンター

ページ上部へ戻る