中部地方の博物館・美術館

静岡市立芹沢銈介美術館

img18img19

名称 静岡市立芹沢銈介美術館
URL http://www.seribi.jp/
住所 〒422-8033 静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
電話 054-282-5522
備考 人間国宝芹沢けい介の作品と彼の収集品を集めた染織美術館。
静岡県では唯一と言っていい染織美術館である。
隣には登呂遺跡、登呂遺跡博物館。ここでは弥生時代の織り機、紡車が出土。大麻布も出土していて展示されている。あわせて見ると良い。

十日町市博物館

img20img21

名称 十日町市博物館
URL http://www.tokamachi-museum.jp/
住所 〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目
電話 025-757-5531
備考 火焔土器の出土で有名な十日町、しかし越後上布、越後縮などの展示が充実している。織り機5台ほど展示もある。アンギン編布の詳しい展示もある。
十日町の織物産業の展示もあり、明石縮みの資料もある。
染織ファンには一日かけても良いほどの資料が満載されている。

豊田市民芸館

img22

名称 豊田市民芸館
URL http://www.mingeikan.toyota.aichi.jp/
住所 〒470-0331 愛知県豊田市平戸橋町波岩86-100
電話 0565-45-4039
備考 豊田市にある民芸館。平戸橋公園の宏大な敷地に第一から第三までの民芸館がある。常時 染織関係の展示をしているとは限らないが、第三民芸館では 木綿織り機が2台設置してあり、運が良ければ織りの実演を見る事ができる。木綿機は中筒開口と半綜こうがある古式のものでそれだけでも参考になる。大井川葛布の布も所蔵してくれているが、収蔵品展で見れるかもしれない。

トヨタ産業技術記念館

img23

名称 トヨタ産業技術記念館
URL http://www.tcmit.org/
住所 〒451-0051 名古屋市西区則武新町4-1-35
電話 052-551-6115
備考 豊田紡績工場のレンガ作りの建物を生かしながら 建設した博物館。
トヨタの前身の紡績の歴史が判る。
繊維機械館の最初には 貴重な綿紡ぎ機 ジェニー紡績機、ガラ紡、アークライト紡績機などがならび糸紡ぎの歴史が判る。手織り機も何台か展示してあるが、豊田佐吉が考案した織機は、踏み板を交互に踏み、筬框を打ち込むだけで、自動的にシャトルが飛びす優れもの。
力織機、レピア織機、ウォータージェット織機、エアージェット織機等最新の織機も展示実働する。
繊維機械館だけでもじっくり見る価値がある。他に自動車館、子連れに楽しいテクノランドなど

岡谷蚕糸博物館

img24

名称 岡谷蚕糸博物館
URL http://silkfact.jp/
住所 長野県岡谷市郷田1-4-8
電話 0266-23-3489
備考 シルクに関する博物館。2007年に訪問 製糸の資料が盛りだくさん。シルクの糸を知りたい人にはお勧め。
ページ上部へ戻る